私たちの卵子提供プログラムは、インド代理母クリニックの若手第一人者の女医であるドクターシバーニと、驚異的な成功率を誇るメキシコの若手スーパードクターであるドクターカルロスと、多くの難しい生殖ケースを成功させてきたさくらライフセイブアソシエツ代表による日本人の患者様への贈り物です。

2012年はドクターシバーニとさくらによりインド代理母出産18ケース中15ケースが妊娠を達成し16人の赤ちゃんが誕生しました。2014年以降もこの2人によって多くの妊娠を確立しています。現在も多くの40代、50代のさくらクライアントが妊娠中です。

私たちの卵子提供プログラムについて

インドの最高成功率を誇る女性ドクターとメキシコで高妊娠率が話題のやりドクターが
経験豊富なさくらと全面タイアップ
日本人の患者様に捧げるさくら代表の心からの言葉

私たちの卵子提供プログラムの誕生は、さくら代表の願いによるものです。
2013年の3月にインド政府が正式にインド代理母出産のための新医療査証施行の徹底を開始しました。 この新しい規制により日本人はインドでの代理母出産は不可能となりました。

2010年からの3年間、さくら代表はインドの代理母出産プログラムを通して、ドクターシバーニの医療技術の質の高さに驚かされ続けてきました。さくらは2004 年の設立から米国にて米トップドクターによる先進医療を10年間ご紹介していますが、米国のトップドクターとまさに同等レベルの生殖医療に関わるドクター がインドにおられるとは期待していなかったからです。

実際、ドクターシバーニは英国産婦人科学会認定の英国の医師で、英国の生殖医療界では伝説の男爵Robert Winston教授(尊厳ある伝統的なハマースミス病院の元生殖医療部門ヘッド)の生弟子あることで説明がつきますが、次から次へと、長年赤ちゃんを諦め てきた日本のご夫婦の赤ちゃんを腕に抱く夢を実現し、今までに見たことがない記録を更新し続けました。その並外れた成功率から、2012年にはオーストラ リアの代理母出産コンファレンスではトップスピーカーとして招待され、米国を含む先進諸国らのドクターから、ドクターシバーニの成功率はありえない数字 だ、と言われたほどです。

しかし、今回の代理母規制により、世界の多くの国からの代理出産依頼者がインドを去りました。さくらの代理出産ケースも全てキャンセルになった時点で、こ れほど優秀なドクターシバーニと別れることは日本人患者様にとって大きな損失である、と考え、日本人の患者様に、類のない成功率の卵子提供プログラムを開 始しました。

しかし、2014年以降、余りの多くのお問い合わせがあり、需給が成立しなくなったため、ドクターシバーニに匹敵する優秀で信頼ができるパートナーとなるドクターを探し始めました。

世界では、各地で話題になるほど高い妊娠率を誇るドクター達がいらっしゃいます。メキシコの弁護士からの紹介で、ドクターカルロスとの出会いが2014年1月に訪れ、すぐにドクターカルロスとの卵子提供のプログラムをインドと平行して開始しました。2014年、90%以上に近い妊娠率を確立しています。(10件中9件妊娠)その中には20年間不妊治療を続け、諦める直前に弊社にご依頼いただいたクライアントが妊娠を確立した方もおられ、現在双子の出産を目前としています。
ドクターシバーニについて
産婦人科医、生殖医療専門医のドクターシバーニは1998年にムンバイにてインターンを修了し、インドで初の合法代理母ケースに関わった。その後、4年間、英国で臨床研究研究者として勤務。2005年に英国産婦人科医として認定される。2007年に体外受精専門医としてニューデリーに戻る。

ドクターシバーニの卓越した治療とその成功率の高さは世界中の注目を集め世界中からドクターシバーニの代理母出産プログラムを目指して依頼者が殺到。2012年には代理母出産に関わるトップドクターとしてオーストラリアの学会に招待されスピーチを行なった。

600人の赤ちゃんがドクターシバーニの代理母プログラムによって誕生。2013年現在、100人近くの代理母が妊娠中。代理母ケースの妊娠成功率は毎年75%以上を誇る。2回目のトライで90%以上の代理母出産依頼に対し妊娠が確立されている。

パートナードクターや代理ドクターに任せることもありえる医療界でドクターシバーニは全ての過程において自分の手で臨床を手がける。体外受精方法の決定から始まり、卵胞の超音波検査、採卵、移植まで、休みを取ることはない。

ドクターシバーニによる卵子提供ドナープログラムは通常10個からの25個の採卵が見込まれる。10個以下の採卵は非常に珍しい。

英国産婦人科学会メンバー。英国生殖協会メンバー。医学博士(MD)、英国医師免許認定医(MRCOG UK)、インド国家認証専門医(DNB,Diplomate of National Board) 
ドクターカルロスについて
高い妊娠率を誇るメキシコシティで著名なドクターカルロス・ナバロ生殖医療・内分泌医学博士。
世界の生殖医療業界で大手のスペインでインターンシップを完了。(Reproductive Medicine and Endocrinology, The Valencian Institute of Infertility, Valencia Spain)

専門は産婦人科、及び、外科で、メキシコの産婦人科はNational Institute of Perinatology卒、 外科はUniversity of Anahuac卒。

ビジネスマンとしても成功者で生殖医療クリニックをメキシコ中に15軒展開。これも高い妊娠率からの需要によるものである。

ドクターカルロスは過去20年間以上不妊治療を行なってきてもお子さんを授からなかった多くのケースでも 妊娠させることに成功しており、クライアントの間でも話題になっている。

Memberships
米国生殖医療協会メンバー:Member of The American Society of Reproductive Medicine
欧州生殖医療協会メンバー:Member of The European Society of Human Reproduction and Embryology
メキシコ産婦人科協会メンバー:Member of The Mexican Council of Obstetrics and Gynecology

さくらライフセイブ代表取締役社長 清水直子について
学習院大学 法学部卒業、コロンビア大学で数学を学んだ後、ニューヨーク大学スターンスクールオブビジネス (経営大学院) にて経営学修士 (MBA) 取得。Mount Sinai School Of Medicine (マウントサイナイ医科大) 短期医学スクール修了。

モルガンスタンレーを経て、メリルリンチで世界中の機関投資家と日本株式市場を結ぶプロフェッショナルとして活躍。2002年、金融界を引退後、2003年にさくらライフセイブ・アソシエイツをニューヨークにて設立。 10代から東京とニューヨークの生活を半々とし、ニューヨーク在住24年。

2010年、先進医療を手がける医療コンサルタントとして取材を受けたNHKの番組が反響を呼び、数回再放送される。

2012年から、米国の最大手ビジネス新聞(日本語)のコラムニストとしても執筆中。

アメリカ生殖医学会(ASRM)所属会員、アメリカ生殖医学会生殖能力保存特別グループメンバー(ASRM Fertility Preservation Special Group)、アメリカ生殖医学会遺伝子学カウンセラー特別グループメンバー(ASRM Genetic Counselors Special Group)、ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)所属会員、癌患者のための米国生殖医療サポート支援団体(fertileHope)協力メンバー、ジョーンズ・ホプキンズ大学国際研究大学院ニューヨーク卒業生クラブ会員(The Johns Hopkins University, Paul H. Nitze School of Advanced International Studies New York Alumni Club)、 臓器提供調達国際協会会員(Int’ Society for Organ Donation and Procurement, ISODP)、細胞移植協会会員(Cell transplant Society)、米医療コンサルタント協会会員(American Association of Healthcare Consultant, AAHC)

さくら代表に相談のEmailを送る
私たちの赤ちゃん
私たちの赤ちゃん
私たちのチャイニーズ系のドナーを使用した場合、可愛い日本人の容姿の赤ちゃんが誕生しています
インド・日本のハーフセレブ
インド・日本のハーフセレブ
正統派インドドナーを使用した場合、オリエンタルビューティーの赤ちゃんが誕生します
私たちの卵子提供プログラムが選ばれる理由
私たちの卵子提供プログラムが選ばれる理由
これほど条件の揃っている卵⼦提供プログラムはありません
さくらライフセイブアソシエツ
さくらライフセイブアソシエツについて
コンサルタント創業10年を迎えたさくらが一つ一つのケースを大切にお手伝いします