安心なプログラムの流れ

さくらは2004年の設立から500件以上生殖医療ケースのコンサルタントを手がけています。さくら代表は多くの生殖医療協会会員として毎月新生殖医療技術の文献を一通り網羅し、世界のトップドクターと意見を交わせるレベルを保っています。患者様と一緒に二人三脚でプログラムを進めていきます。

また、過去5年生殖医療ケース(2009年から2013年は代理出産ケース、2013年から現在までは卵子提供ケース)のために40回以上、インドの地へ足を運び、インドを熟知しています。インドでは空港から完全同行いたします。安心してお任せください。

メキシコの卵子提供ケースは2014年に開始し、40代、50代の日本人依頼者の方の妊娠を確立している成功率の高いプログラムです。 2014年1月から10回以上、メキシコの地へ同行し、メキシコに関しても熟知しています。メキシコでは空港から完全同行いたします。 安心してお任せください。


お問い合わせ
•お問い合わせページからご希望をご連絡ください
•24時間以内にお返事をいたします
ドナーの決定
•ご希望に合う卵子提供ドナーのプロフィールの中からドナーの選択後、インド・メキシコに連絡をして、ドナーを決定します
契約
•契約後、ドナーが確保され、ご希望の時期を伺った上で、ドナーの採卵サイクル⽅法、受け取り側の受精卵移植のための準備⽅法、採卵〜受精卵移植のカレンダーが決定されます
移植のための
準備
•日本で受精卵移植サイクルのための準備をします
•体外受精サイクルのための事前一般検査から始まり、受精卵移植のための準備を開始します
インド渡航
•受精卵移植カレンダーをもとにインド・メキシコへ渡航*
男性パートナーの精子を使用する場合は男性パートナーの滞在は採卵予定前に到着して頂き最短で一日です。その場合、冷凍することになります。フレッシュ使用をご希望の場合は採卵予定前に到着して頂き数日滞在になります。
⼥性パートナー(受精卵を移植される受け取り⼈)はドナーの採卵日には到着して頂き滞在期間は1週間をご予定いただきます。受精卵移植は受精卵デイ3かデイ5に⾏なわれます。
ドナー精子を使用する場合(別料金)は前もってインドへアメリカの精子ドナーバンクから到着するように手配いたします。800人の精子ドナーリストからお選びいただけます。
メキシコへの精子輸送は出来ません。
私たちの赤ちゃん
私たちの赤ちゃん
私たちのチャイニーズ系のドナーを使用した場合、可愛い日本人の容姿の赤ちゃんが誕生しています
インド・日本のハーフセレブ
インド・日本のハーフセレブ
正統派インドドナーを使用した場合、オリエンタルビューティーの赤ちゃんが誕生します
私たちの卵子提供プログラムが選ばれる理由
私たちの卵子提供プログラムが選ばれる理由
これほど条件の揃っている卵⼦提供プログラムはありません
私たちの卵子提供プログラムについて
私たちの卵子提供プログラムについて
経験豊富なさくらと最高成功率を誇る女性ドクターが全面タイアップ
さくらライフセイブアソシエツ
さくらライフセイブアソシエツについて
コンサルタント創業10年を迎えたさくらが一つ一つのケースを大切にお手伝いします